秋に出てくる症状

秋に出てくる症状

寒くなってくる時期に出てくる症状

冷え 冷え 喘息 喘息 めまい めまい
乾燥 乾燥肌 腹痛 腹痛 腰痛 腰痛
痛み 頭痛 鼻水 鼻水 うつ うつ

などといった症状が出やすくなる時期です。

気温の変化に伴って、お身体が気温についていけない為に様々な症状が出てきます。

患者様の体質により気候や養生などでお身体が冷える事で、体内での気・血・水の巡りが悪くなり、停滞し発散されない気が症状として現れ始めます。

安穏では、停滞した気・血・水を巡らせて、発散出来るお身体になるように漢方を用いて症状を緩和します。

患者様一人一人の状態が違うため、同じ症状でも漢方が異なることがあります

上記の症状でお困りの場合は、安穏のオンライン漢方カウンセリング または ご来院での漢方カウンセリングにてご相談下さい。

患者様のお身体の状態に合わせた漢方をご提案いたします。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし
アーカイブ