産後のケア

産後の骨盤矯正

産後に腰痛や肩こりが起こる場合、骨盤のケアが大切です

胎児が産道を通る際に、脳下垂体から出産のためにホルモンが分泌されます。この時に関節が緩くなり、骨盤やあらゆる関節が不安定になります。そして出産を終え、ホルモンが出なくなると、骨盤が新たにしっかりしてくる時期になります。できればこのタイミングに向けて正常な位置に骨盤を定着させ、ベルトなどで骨盤の固定を行うと安定します。しかし、それでもお子さんを抱いたり、長時間立ってあやしていると、自然と筋肉に引っ張られて骨盤はずれてしまいます。
週1回から2回程度、筋肉を伸ばし産後の骨盤矯正を行うことで正常な位置へ戻すことができ、腰痛や歪みが改善され血流がよくなります。当院の矯正は、かなりソフトに行いますのでご安心ください。